サブページメイン画像

  • HOME
  • 点検と修理
  • 呉市 エンジンヘッド・オーバーホール スズキ マイティボーイ

スズキ マイティボーイ SS40T エンジンヘッド分解修理 呉市の第一自動車へ

 【症状】エンジン始動不能

突然、スターターは回るがエンジンが始動しないため、任意保険のロードサービスにより
当社へ運搬入庫しました。

 【診断】

点火系OK。燃料系OK。コンプレッションゲージにて圧縮圧力測定結果、NO1シリンダー圧縮圧がありませんでした。
■プラグホールよりマイクロスコープにて燃焼室を点検、ピストン上部にキズがありました。

 原因追求のため、エンジン上部を分解点検

■シリンダーヘッド点検■NO.1気筒のバルブ・ロッカーアーム脱落損傷があり、さらに原因追求のためシリンダーヘッドを取り外します。
■ピストン点検■ピストン上部(NO.1)は、バルブと接触した形跡ありましたが大丈夫でした。

 バルブ脱着・点検

NO.1気筒のインテーク・バルブが破損していました。
シリンダーヘッドをオーバーホールします。

 シリンダーヘッドをオーバーホールします。

シリンダーヘッドガスケット・各オイルシール・パッキンセット等交換。
インテークバルブ・バルブコッタ・ラッシュアジャスター・ロッカーアーム・サーモスタット等交換。
■マニホールドのガスケット剥がし交換します。
■バルブシール(3気筒×4個)計12個を交換しました。
バルブシール劣化するとオイル消費の原因となる。(オイル下がり)

 バルブ交換作業①

バルブの当たり面を光明丹で確認しながら、専用の器具によりバルブを「すりあわせ」します。
「すりあわせ」の目的は、バルブフェースとバルブシートとの当たりを出すこと。バルブが閉じたとき、ぴたりとふたができるようにバルブがちゃんとシートに密着しないと、圧縮行程で隙間から混合気が逃げてしまう。

 バルブ交換作業②

シリンダーヘッド・バルブ組み付け
シリンダーヘッド・ロッカーアーム組み付け

シリンダーヘッド

シリンダーブロック

シリンダーヘッド・ガスケット

 シリンダーブロックの当たり面磨き

シリンダーヘッドとシリンダーブロックをクリーニングします。

 テスト走行テストして整備完了

整備後も、しっかりサポートの整備保障で安心です。
呉市の第一自動車で安心・安全な快適なカーライフを!
代車(無料)をご利用下さい。

ご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでも
お気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0823-71-7749
持ち込み部品交換・車検・点検整備・コーティングのことなら
呉市の第一自動車にお任せください。お気軽にご相談ください。

>> お問合せフォームはこちら

※「鈑金塗装」は対応しておりません。

点検と修理の他のページ