呉市 オイル 第一自動車

サブページメイン画像

オイルは、クルマの性能を維持するため
過酷に働き続けています。

 定期的オイル交換で、いつもクルマはごきげん。
いつまでも愛車を大切にして下さい。

各種オイル(フルード)について簡単にご説明しましょう。

エンジン内部を守るためオイルの役割

特に走行距離より交換時期を優先しています。

 エンジンオイル

エンジン内部を守るためオイルの役割は、潤滑・冷却・清浄及びエンジン各部のシールを保護しオイル漏れ防止もしています。
当店では交換時期の目安として、5000km/6カ月毎をおススメしています。が・・・

オイルキャップの裏に溜まったマヨネーズスラッジ(水と油が混ざった液体)

エンジン内部のブローバーガスから水分量を調べる実験結果

実験期間(3ヶ月)後に、エンジンオイルに混入した水分量は、なんと牛乳びん約1本分(172cc)でした。

 なるほどオイル

オイル劣化の大敵は、酸化(腐る)」と「水分」です。
エンジンオイルの中に結構「水分」が混入します。エンジンの中へ、空気中の水分が入っては蒸発を繰り返しています。
例えば、この水分はエンジンの暖機後は排気ガスと一緒に排出されるが低温始動時や長いアイドリング時にオイルに混入する。また、エンジン停止中クランクケースの結露(凝縮)により水分が溜まり混入した水分は、サビマヨネーズスラッジを発生させる原因となります。
水分によって劣化したオイルは、オイル役割(摩耗防止・清掃・防サビ防止・冷却・潤滑・密封)が低下し、特にエンジンのパッキンやシールのゴム系の部品を守れなくなりエンジンオイル漏れの原因をなり最悪、漏れたオイルがマフラーに付着し車両火災した実例もあります。
できれば、交換時期は交換距離数より交換時期(6ヶ月)を優先してはどうでしょうか。




 エンジン交換の費用
エンジンオイル(5W-30:SN/CF)一般用
単価(1L)1,150円(税抜)

例えば■軽自動車の場合(工賃と廃棄処理含む)
エンジンオイル交換(交換費用含む)¥1150×3L=¥3450(税抜)
オイルエレメント交換(交換費用含む)¥2,300(税抜)

 ■ATフルード
■CVTフルード
トルコンオイル/オートマチックオイル

油圧にも関係するのでオイルではなく、正式にはフルードと言います。
フルードは、ATまたはCVTミッション本体の複雑な内部は、ATフルード・CVT フルードと言われるオイルで満たされており、エンジン出力を様々な形で伝える役割があります。
近年の乗用車は、そのほとんどが AT(自動変速機)やCVT(無段変速機)搭載車で、一般的に「オートマ車」と言われています。
※当店では交換時期については、できれば2万km/2年毎、せめて4万km/4年毎をおススメしています。

 マニュアル
ミッションオイル

マニュアルミッションのオイルです。内部はギヤ(歯車)が回っています。
シフトの入りが悪くなってきたら、早めに交換しよう。
※当店では交換時期としては、4万km/4年毎をおススメしています。

 デフオイル

一般的に数少ないFR車(フロントエンジン・リヤアクスル)の場合のみ。
エンジン力の流れは、ミッション▶プロペラシャフト▶デフ▶リヤアクスルシャフト▶リヤタイヤへ
※当店では交換時期としては、4万km/4年毎をおススメしています。
ただし、特殊な機械式のLSDタイプのデフオイルは、オイルも専用のものを使用します。

おすすめします。
限られた整備工場しか取り扱いできない、極上エンジンオイル「ザーレン・ガイア」。
エンジンの用途にあわせた豊富なオイルラインナップでお待ちしています。
ぜひ、体感してみて下さい。

 エンジンオイル交換時期がやってきた。
何を入れたらいいの?

■オイルマイスターにお任せ下さい■
オイル専門知識があるオイルメーカーが資格を認定した「オイルマイスター」により
愛車との相性にあった、貴方の車生活にあったオイルを選び提供します。
【オイルマイスター2023認定(Zahren Grand Maister)上級】(令和5年7月)

価格やイメージだけでエンジンオイルを選んでいませんか?
どんなにいいオイルであっても。
あなたのクルマに合わなけれぱ、カがうまく引き出せないので、パワーも燃賢も落ちてしまい、エンジンの性能だけではなく、エンジン自体の寿命まで早めてしまいます。
クルマの性能を引き出すためには・・・
そのクルマが指定する規格と粘度を基準に同等もしくはそれ以上のエンジンオイルを選ぶことをおススメします。
また、最新のデリケートなエンジンに対応したエンジンオイルも提案しています。
クルマに合うオイルとは、その特性だけではなく、乗る人の使用状況や生活環暁によってもそれぞれ違います。
当店では、国産車・輸入車を問わず、プロのメカニックがあなたの「乗り方」にピッタリのエンジンオイルと交換時期をご案内します。

 当店は「安心できるオイル」ザーレンオイルをお勧めしています。

■45年以上の販売実績(50,000ℓ)、だから「安心」
■オイルマイスターがいるオイル専門店、だから「安心」

【オイルの選択を間違えると】誤ったオイルの選択により性能の低下・燃費の悪化、せっかくのエンジンの性能が活かされません。
【安心のオイル選択】愛車に最適なエンジンオイルをオイルマイスターがご提案いたします。
【特別なオイル】ホームセンター・ガソリンスタンド・カー用品店には置いていない、指定された整備工場しか取り扱えない一流の高品質オイルです。(当社は、呉市で最初のザーレンより指定された整備工場です)

「ベースオイル」と「添加剤」どちらが大切?

【ザーレン独自の高度水素化分解精製】
熱・酸化安定性と流動性の向上

 ザーレンオイルのこだわりとは

エンジンオイルは「ベースオイル」と「添加剤」から作られています。
スポーツ選手に例えると、基礎体力が「ベースオイル」。テクニック(技術)が「添加剤」。
基礎体力がないのに、テクニックだけに頼ると優れたスポーツ選手とはいえません。
添加剤だけに頼る他社の高性能オイルは、短命で劣化が早く不安です。だからザーレンオイルは「ベースオイル」に拘っててまひまかけてつくり続けて進化しています。
もちろん「添加剤」も、ザーレン独自技術による配合にて、オイル全体を安定させています。
だから「安心」です。だから当社は「ザーレンオイル」を扱っています。だからお客様へご提案しています。


 ザーレンオイル交換の方へ
オイル交換時に「点検 」します。だから「安心」。

点検時間約10分(3,000円相当が無料に!)
 ①ストップランプなど電球切れ
 ②ワイパーの劣化・ウォッシャー液量
 ③マフラーの取付け
 ④ドライブシャフトブーツの破れ
 ⑤エンジン冷却の水漏れ
 ⑥エンジンオイルの漏れ・ミッションオイルの漏れ
 ⑦ブレーキオイルの漏れ・ブレーキパッドの残量
 ⑧ファンベルトの摩耗とゆるみ・
 ⑨タイヤの摩耗・タイヤ空気圧の調整
 ⑩テスターによるバッテリの寿命(テスター使用)

 キープシステム6つの特徴

ザーレン・オイルキープシステムについて
①オイル20ℓを保管管理
➁10項目の点検が無料で受けられるから安心
③オイル交換工賃が無料(廃油処理無料)
④ご家族や会社での共用もできます。
⑤まとめ買いだから通常価格より20Lで¥3,000円分お得
➅オイル交換時期をお知らせ致します。
----------------------
ザーレンオイルの価格

 プロに選ばれ続ける高品質エンジンオイル
ザーレンオイル「ガイヤ」 リニューアル!
(2022年5月20日より)

ザーレンオイルがこだわる高性能ベースオイルと添加剤を過不足なく独自配合しています。
■ベースオイル■
時間をかけて極限まで精製
■添加剤■
最高品質の走りを維持させる独自のブランド技術。60年を超えて蓄積されたノウハウが、添加剤の性能を頂点まで高め、性能を長時間維持させます。
【オイル適合検索】
あなたのお車に最適のオイル見つかります。

 新しくなったザーレンオイル

プロモーション動画をご覧下さい。

最新エンジンが求める厳しい要求に応えたザーレン・ガイアの品質。 ザーレン・ガイアについてまとめたプロモーションムービー。
●ザーレン・ガイアの詳しい情報 http://www.zahren.co.jp/oil/zahrenoil...
●ザーレン指定販売店一覧 http://www.zahren.co.jp/oil/shop_list...
●インスタグラム https://www.instagram.com/zahrencorp/
●フェイスブック https://www.facebook.com/zahren.net/

AT/CVTフルードについて
(トルコンオイル/オートマチックオイル)

 トルコオイルは定期交換を。
特にCVTは要注意!
あなたの愛車は
ATですか? CVTですか?

車の性能を維持するためには、定期的にフルードを交換することが必要です。
特に最近走行時に異音が発生したりするなどのトラブルが発生するCVTFは、構造的に滑車と金属ベルトを動かすため、スラッジや金属粉が発生しやすいため定期的な交換は必須です。

 ずっ~と、交換しないとどうなるの?

こんな症状がでたら、「変速ショックがひどい」「バックしない」「前進しない」「異音がする」など、最悪の場合ミッション本体の交換となり高額な修理代となってしまいます。
(新車から5年以上経過すると、自己負担。メーカー保証終了いたします。)

 トルコンオイル診断(フルード劣化具合レベルを判断します。)

過走行車のATFやCVTFは交換してはいけないの?
「事前診断を行い良好であれば過走行車両でも交換可」です。
過走行車両であってもその多くは交換可能な状態だったりします。
もし交換リスクがある場合はユーザー様にしっかりと説明して選択してもらっています。
当店は、高精度センサーテスターにてフルードチェック、フルード交換可能かどうか判断します。
安心してトルコンオイル交換ができます。不安な方は、当社で診断を!

 交換費用(税抜)

■フルード代■
1L単価(税抜)CVT車2,100円/AT車2,000円
 ※「ザーレン」フルードを使用
  ➕
■交換費用■2,500円(税抜)
 ※オイルゲージなしタイプの場合、交換費用(3800円~)
  (特殊器具使用のため別途費用となります。)
------------------
例えば、
■軽自動車■CVT車(4Lの場合)10,900円(税抜):交換費用含む
■普通乗用車■AT車(6Lの場合)14,500円(税抜):交換費用含む

ミッション・オイル(マニュアル車)
トランスファー・オイル(4WD)
デファレンシャル・オイル

 ミッション・オイル(マニュアル車)

【交換費用】(税抜)
■オイル代■(1L単価)1,850円
  ➕
■交換費用■2,000円
------------------
例えば2Lの場合、合計5,700円となります。
※「ザーレン」オイルを使用しています。
ギヤーオイル 耐熱ミッション用(75W-90)/低粘度指定MT用(75W-80)

 トランスファー・オイル(4WD)

【交換費用】(税抜)
■オイル代■(1L単価)1,980円
  ➕
■交換費用■2,000円
-------------------
例えば1Lの場合、合計3,980円となります。
※「ザーレン」のオイルを使用しています。
ギヤーオイル 耐熱ミッション用(80W-90)

 デファレンシャル・オイル

【交換費用】(税抜)
■オイル代■(1L単価)1,850円
 ※「ザーレン」のオイルを使用しています。
  ➕
■交換費用■2,000円
----------------------
例えば1.5Lの場合、合計5,700円となります。
※「ザーレン」オイルを使用しています。
ギヤーオイル デフ用(80W-90)
※LSD用(80W-90)(80W-140)@¥2,200

ブレーキ・フルード
パワーステアリング・フルード

 ブレーキ・フルード

【交換費用】(税抜)
■オイル代■1,800円

  ➕
■交換費用■5,000円
-------------------
(エアー抜き作業含む)合計6,800円となります。

 パワーステアリング・フルード

【交換費用】(税抜)
■3,000円(交換作業含む)

お客様の声

 「ザーレンオイル」ユーザーの声

ザーレンオイルをご利用いただいた
感想をご紹介しています。

お電話
お問合せ
お見積り