画像

  • HOME
  • オイル
  • スズキ スイフト ZC13S ATF トルコンオイル交換 呉市の第一自動車へ

スズキ スイフト ZC13S ATF トルコンオイル交換 呉市の第一自動車へ

 オートマ・ミッションオイル(ATフルード)交換を致します。

 特殊な工程なATフルード交換

スイフトのトルコンオイル交換作業は、オイルレベルゲージがないタイプのため
特殊な工程でミッション下部より特殊工具を使用して交換します。

 ATフルード交換の作業

ミッションオイルパンのドレンよりオイルを抜きました。

 ATフルード交換の作業

次にATフルードをミッションへ注入します。

 特殊なドレンボルト

ドレンボルトは二重構造になっています。
内側がオーバーフローボルト、外側がドレンボルトとなっています。

 ATフルード交換の作業

特殊なドレンボルトにより、ATフルードを適量まで注入します。

 ATフルード交換の作業

フルード油温が65度以上になるまで走行した後に、ドレンボルトの内側ボルトを外して溢れたフルードを排出したら規定量です。

 オートマオイル(ATF)の交換をしないとどうなるのか?

オートマオイルを長年交換せずにいて、トランスミッションが故障してしまった場合は、修理代に多額の費用がかかる可能性が高くなります。このような故障のことを考えると、基本的には2万キロに1回程度はオートマオイルを交換した方が、故障のリスクを軽減できるでしょう。

ご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでも
お気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0823-71-7749
持ち込み部品交換・車検・点検整備・コーティングのことなら
呉市の第一自動車にお任せください。お気軽にご相談ください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!